技術士合格体験記

 
6.受験ノウハウ
 
 本文中に記述しなかった、ノウハウ、注意点などをまとめ
ました。なお、記載順は必ずしも時間軸に沿っていません。
 
(1)下見の効果
   下見はできる限り、行ったほうがよいと思います。筆
  記試験は、例年ですと8月の下旬の水曜日、木曜日に行
  われます。つまり平日に行われますので、できれば試験
  当日と同じ時間帯に下見に行く方が効果的です。
   電車の混み具合や、乗り継ぎなど時刻表を見るだけで
  はわからない事がいろいろ発見できます。
   特に、木曜日が試験日の人は、水曜日受験の人と同じ
  になるので、シミュレーションという意味で効果的です。
   私は、98年、99年とも下見に行きました。その時
  に発見したことをまとめます。
 
  98年度の下見で気づいたこと
  ・近畿大学には冷房がある。
    当時の参考書にはどれも「技術士の試験はクーラー
   のない部屋で暑さとの戦いでもある」ということが書
   かれてありました。
    暑さ対策をどうしようか、と考えていたのですが逆
   に寒さ対策が必要かも知れないことが下見によってわ
   かりました。
  ・受験会場の建物は古い
    これは、クーラーがあるとはいえ、蚊がいるかも知
   れないと考えました。(建物が新しいからといって蚊
   がいない訳ではないですが)下手に半ズボンで行くと
   蚊にかまれる可能性があると気づきました。
  (実際には、蚊にお目にかかることはなかったです)
  ・履き慣れた靴をはく
    下見では、普段履き慣れないサンダルで行きました。
   これは失敗でした。大阪会場の近畿大学は、近鉄長瀬
   駅から歩いて15分ほどのところにあります。ほどな
   く足の皮がめくれ、あわてて売店でバンドエイドを買
   った記憶があります。歩きながら試験をする訳ではな
   いですが、足の皮がむけていれば気になります。靴は
   履き慣れたものにしましょう。このことは、服、下着
   などにもあてはまるかも知れません。
  ・コンビニ、弁当屋さんは、意外と多いが・・・
    長瀬駅から近畿大学に向かう途中、コンビニ、弁当
   屋さんは、結構あります。ただコンビニはどこも朝は
   お弁当があまりありません。弁当屋さんは揚げ物が多
   かったりして、胃腸に悪そうです。
    昼食はできれば持参するか、もしくは、大阪駅など
   通勤客を相手にしている弁当屋さんで購入したほうが
   種類も選べてよさそうです。
    私は、西梅田駅の近くで購入しましたが、試験場は
   クーラーが効いていますので、昼になっても腐ること
   はありませんでした。
 
  99年度の下見で気づいたこと
  ・お腹が減る
    朝5時に起床して、朝食をとってから下見に行きま
   した。下見が終わってから、家に帰る途中10時頃に
   急にお腹が減ってきました。考えてみると朝5時過ぎ
   に昼食をとってから、午前の試験が終了するまで7時
   間あります。これではお腹が減るのも当然です。
    これは空腹対策が必要であると気が付きました。
    試験当日は自宅で朝食をとったのに加えて、近畿大
   学前のパン屋さんでパンを買って教室の後ろで食べま
   した。おかげで午前は空腹を気にすることなく受験で
   きました。
   (試験開始直前に部屋の後ろでパンを食べていたのは
    私です。誰も覚えてないと思いますが)
 
(2)試験会場へは座って行こう
   筆記試験は夏の暑いさなかにあります。体力温存の意
  味でも、電車は座っていくことをおすすめします。
   近畿大学の場合だと、JRの大阪駅を起点にした場合、
  少し時間はかかりますが、以下のルートがよいと思います。
  ・地下鉄西梅田駅→なんば駅(ここで近鉄乗り換え)
  ・近鉄なんば駅→上本町駅(ここで大阪線乗り換え)
  ・近鉄上本町駅→長瀬駅
 
   これは全て始発駅からの乗車となります。確実に座れ
  ます。近鉄大阪線では、上本町駅の次の鶴橋駅でJRか
  らの乗り換え客が大量に乗ってくるのでまず座れません。
  まさに一駅違いで大違いです。
 
(3)帰りの切符は朝に買っておきましょう
   長瀬駅の切符の自販機は、台数があまりありません。
  試験で疲れている上に、切符の購入で並ぶのも結構疲れ
  ます。近鉄の切符の自販機は往復切符が買えないので、
  長瀬駅に着いた時に買っておきましょう。
 
(4)あれば便利な持ち物
   まずバスタオル。大学の椅子は固いので長時間座って
  いると疲れます。座布団の代わりに使いましょう。座布
  団でもいいのですが、荷物がかさばります。またバスタ
  オルだと、膝掛け変わりにもなります。
   次にテンプレート。情報工学受験者の場合、多くの人
  はフローチャート用のテンプレートをお持ちでしょう。
   テンプレートは大抵20センチ以上の長さがあるので
  答案用紙いっぱいに図や表を書く場合に便利です。
   鉛筆、消しゴムなどは長時間使っても疲れにくいもの
  がいいと思います。人によって好みが分かれると思いま
  が、私は、ドクターグリップのシャーペンを2本用意し
  ました。
 
(5)勉強時間の確保
   私の場合は、基本的に自宅での勉強はあきらめました。
  理由は、平日だと帰宅時間が遅い、休日は子どもが
  「お父さん、遊んで!」と勉強どころではないからです。
   では、どうしたか。朝早く会社に行って、始業前の1
  時間と、昼休みを活用しました。両方合わせて約1時間
  30分は確保できます。また、たまに仕事が早く終わる
  と、少し会社に残って勉強しました。
   その日に勉強するテーマに関する資料は持ち歩くよう
  にしましたので、さほど不自由は感じませんでした。
   家で集中して勉強したのはゴールデンウィークと、盆
  休みぐらいでしょうか。それも実家を利用しました。
   また、通勤電車を利用する方法もありますが、殆ど利
  用しませんでした。まず座れないですし、立ったまま揺
  れる車内で字を見ると酔いそうになるからです。筆記試
  験の直前に論文を記憶しているかどうかのチェックに利
  用したぐらいです。字を見なくても済みますので。
 
(6)座席の問題
   98年度に受験したときのことですが、私の座席は椅
  子が少し前に傾いており、非常につかれました。特に腰
  に負担がかかりました。
   私はそのまま我慢して受験しましたが、受験会場の設
  備が古いと、椅子や机の状態がよくない場合もあると考
  えられます。
   席の変更を認めてもらえるかどうかはわかりませんが、
  試験官に依頼してみるのもいいと思います。
 
(7)口頭前夜の夜食はチョコレート
   これは、口頭試験の時に実践した方法です。口頭試験
  の準備をしていた時期は仕事も忙しく、毎日深夜に帰宅
  していました。試験の前日は早退して東京に向かったも
  のの、疲れがかなりたまっていました。
   コンビニで夜食を探していたところ、ふとチョコレー
  トが目に。「チョコレートって、栄養補給に最適やって
  震災(=阪神淡路大震災)の時に聞いたことあるなあ。」
  ということで、チョコレートを買って、ホテルの部屋で
  (結構多めに)食べて早めに寝ました。
   どこまで効果があったのかは定かではありませんが、
  緊張することなく、すぐに寝付くことができ、翌朝は、
  すっきりと目が覚めました。
 
(8)通信教育について
   私は通信教育は受けていません。理由は以下の点です。
   ・金額が高い
   ・限られた回数の添削で論文が仕上がるとは思えなか
    った。
   ・社内の先輩技術士の指導を受けられる。
   もっとも、社内の先輩技術士の方の添削を何度も受け
  たので(もちろんタダ!)これも通信教育の一種である
  といえばそれまでですが。
 
(9) 図書館の活用
   受験準備に当たって図書館の活用も検討しましたが、
  実際には利用しませんでした。理由は自宅の近くに自習
  室を備えた図書館がなかったからです。遠くの図書館ま
  での移動の時間を考えるとその分、自宅か会社で勉強し
  たほうがよいと判断しました。
 
(10)なぜか駅売りが安い日経産業新聞
   最新のトピックスを拾うに、日刊工業新聞か、日経産
  業新聞のどちらかを購読することにしました。
   駅売りで、両方を一部ずつ購入し比較しました。内容
  はあまり大差がないように感じました。
   最終的に値段の安いほうということで日経産業新聞を
  を月ぎめで購読しました。
   日経産業新聞の場合、駅売りだと一部140円、月ぎ
  めだと3568円です。
   土日、祝日は休刊なので1ヶ月に多くて22部発行で
  す。となると、140円×22日=3080円。
   月ぎめよりも、駅売りのほうが安くなるのはなぜ??
              (6.受験ノウハウ 終わり)
 
 
△戻る  ▽次へ
 
合格体験記TOPへ
 
TOPページへ